立川のリフォーム業者への相談時は延べ床面積等具体的な情報を伝える

サイトマップ

リビング

1階と2階にとらわれない住宅へのリフォーム

ダイニングテーブル

リフォームする場合、1階2階に分かれて世帯別に暮らしたいと考える人が多い傾向にあります。しかし、事情によって1階2階に分けての生活が出来ない可能性がある場合は、リフォームする際にお互いの生活スペースを守るような間取りにすることも大切です。例えば親世帯は玄関から近い場所に部屋を設けたり、親世帯と子ども世帯の部屋の間にトイレや洗面所、浴室をはさみ、それ以降に子ども世帯の部屋を設けることも1つの方法です。1階2階に分けられるのであれば、2階を子ども世帯の部屋として利用出来ますが、平屋建てをリフォームするのであれば、建築基準法の問題で2階を造れない可能性がありますし、2階を増やすことに難色を示す人がいるかもしれません。そのため部屋の位置を世帯別に分けることで、お互いの生活スペースを守るのです。リフォームは専門業者に依頼して行うので、現在の家が2階建てなのか平屋建てなのかを専門業者に伝えると、どの様な住宅へリフォームするか専門業者もイメージしやすくなります。しかしながら、ある程度の広さがなければ複数世帯が住めるような住宅へのリフォームは難しい可能性があるので、十分な広さがあるかどうかをまずは考えてみる必要もあります。

ARTICLE

キッチン

立川でリフォームをするメリットを紹介します

住宅の形には様々な形態があります。完全に別居の形にしたり、一部を共有スペースにする方法もありま…

more
大きなソファ

専門業者に相談して理想の住宅へリフォームしてみよう

高齢になった親と暮らすためには、誰もが満足できる空間を整える必要があります。それぞれのプライベ…

more
ダイニングテーブル

1階と2階にとらわれない住宅へのリフォーム

リフォームする場合、1階2階に分かれて世帯別に暮らしたいと考える人が多い傾向にあります。しかし…

more
ベッドルーム

多くのリフォームを見てきた専門業者は頼りになる

親子・夫婦で住む家はどのようにリフォームするのかで全員を納得させることが必須です。たとえば複数…

more